トンレサップ湖・シェムリアップ 


  市内から南へ15kmにあるトンレサップ湖は乾期でも琵琶湖の3倍、雨期では10倍になるというアジア最大の湖である。
船着き場からボートに乗ると、水上の町が近づいてきた。学校や教会も水上にある。子ども達は小さなたらいや発砲スチロールに乗って移動する。
メコン川本流に出ると、急流で、小さいボートが流されそうだった。壁の色とボートの色は、空の青さに映えて、よりその青色を濃くしていた。
シェムリアップは最近急激に変化を遂げているらしい。オールドマーケットではアジアに来たという感が増した。
機窓から見えたアンコールワットが感動的であった。

(クリックすれば写真が大きくなります。)