奥の細道


3日だけ取れた夏休みに、PENTAX K3を肩に下げ、ピーチの人となる。歌通りの富士山が素晴らしい。
仙台からレンタカーで移動。3日間で1250km走った。酒田の山居倉庫に行きたくて、日本海まで横断。
最上川を登り、銀山温泉へ。普通なら安い宿を探すのだが、夜景が撮りたくて、1日4組しかとらない旅館に泊まる。お湯と米沢牛などの料理が素晴らしかった。
二日目は新庄祭りを見てから、北上。角館の武家屋敷、田沢湖。小岩井農場の一本桜はぜひ春に来たい。
「あまちゃん」の駅久慈。国民宿舎の海の幸は豪華であった。
三日目はリアス式海岸を南下。北山崎は日本で唯一の特Aランクの海岸線である。鵜の巣断崖も素晴らしい。浄土ヶ浜には無数の鴎が飛んでいた。
海岸線の真新しい家を見ていると、復興の息吹も感じるが、津波の大きさを改めて思い知らされる。
童話の里東野。カッパ淵ではまさしくカッパが出てきそうであった。中尊寺金色堂の閉門にぎりぎり間に合った。
仙山線沿線と合わせると、「奥の細道」の有名どころを網羅したと言えるだろうか。

(クリックすれば写真が大きくなります。)