ピーチ航空で行く釧路・根室 


5年ぶりの北海道。ピーチに釧路直行便が新設され、関空から2時間で行けるようになった。
昔、特急白鳥から青函連絡船、特急おおぞらと乗り継いでもまる
2日かかったことがうそのようである。
ただ、「釧路空港が霧で、何回か着陸にチャレンジしますが、無理な場合は関空に引き返します。」と機内アナウンスがあった時には少し不安になった。
実際数日前は、新千歳まで引き返したらしい。腕がよかったのか、どうにか無事に霧の滑走路に着陸できた。
いつか釧路湿原ノロッコ号には乗ってみたいものである。
35年ぶりのチャレンジになる納沙布岬の日の出はまたも見れなかった。
オホーツク海沿いに網走まで行き、再度南下、裏摩周、屈斜路湖。津別峠からの雲海発生確率が25%だったが、見ることができた。
タンチョウも何度か遭遇できた。次回は冬に行きたい。

(クリックすれば写真が大きくなります。)